会社フェイスブック

 

高基礎の家

成匠YouTube

成匠の工達

JTI
 
日本木造住宅産業協会
 

リノベーション

築80年の繭倉を終の棲家へ…

萩市 A様邸

築80年の建物は40年ほど前から繭倉として使用されていた木造土蔵造りの建物で、最近は倉庫として利用され構造としてはしっかりとしていましたが、室内は暗く閉塞的で、風通しの悪い住居として使用するには住みにくい建物でした。今回の計画では2階リビング~1階階段~通路に繋がる動線において、2階踊り場に天窓を設けました。その他の通路については人感センサーをライティングプランに取入れる事により室内の暗さを解消しています。内装には施主様のご要望であるナチュラルな雰囲気を提案し、明るい色を使用することで広がりを感じます。風通しについては施主様と季節毎の風の通りを何度も打合せました。また、ペアガラス、同時給排気システム設備の設置など結露にも備えてあります。「終(つい)の棲家」としてのバリアフリー性はもちろんのこと、壁にはポイントでニッチを設けるなど、意匠性にも飽きのこない空間を実現。また急勾配で手摺の無かった階段は勾配を緩くし廻り階段とています。施主様の将来性を見据え、配慮の行き届いた住空間作りが実現しました。
施主様曰く工事前の様子をご存知の方は施工後に来られてびっくりされるそうです。
 
施工前の写真はこちら
 
 
お問い合わせ