会社フェイスブック

 

高基礎の家

成匠YouTube

成匠の工達

JTI
 
日本木造住宅産業協会
 

ゼロエネルギーハウスのすすめ

成匠ではゼロエネルギーハウスへの取り組みを始めます!


ZEHとは、住宅の断熱性能や設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等によって、年間の一次エネルギー消費量よりも、住宅で創り出したエネルギーの方が正味(ネット)で上回る、もしくはその差がゼロになる住宅のことをさします。

2014年4月に政府が閣議決定したエネルギー基本計画の中で2020年には標準的な新築住宅をネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH=Net Zero Energy House)とすることを目標に掲げられたことにより大手住宅メーカーを中心に、ZEHの普及が加速し始めています。
ZEHとは、住宅の断熱性能や設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等によって、年間の一次エネルギー消費量よりも、住宅で創り出したエネルギーの方が正味で上回る、もしくはその差がゼロになる住宅のことをさします。
掲載産業省が今、本格的な普及に向け、ZEHロードマップ検討委員会を設置し、ZEHの定性的な定期をとりまとめようと動いている。9月4日公表された中間とりまとめ案では、「外皮の断熱性能等を大幅向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー庁省エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」と定義しました。また同省資源エネルギー庁省エネルギー対策課では「まずは外皮(壁や開口部など、外気を仕切る部位)の断熱性能を向上させることを優先させ、そのううえで新エネルギーを導入することでZEH化していくことが重要」としている。また、「標準的な新築住宅でZEHを実現」の定義として「ハウスメーカー、工務店等が施工する住宅の過半数がZEHとなること」としました。

これを受け、弊社でも住宅のZEH化に向けての取り組みを開始することになりました。

今後のZEH普及率目標


【ZEH受託率】
平成32年度目標 注文住宅:40% 建売住宅:5% 既存住宅:5%

【Nealy ZEH受託率】
平成32年度目標 注文住宅:5% 建売住宅:3% 既存住宅:2%
 
 
 
お問い合わせ