会社フェイスブック

 

高基礎の家

成匠YouTube

成匠の工達

JTI
 
日本木造住宅産業協会
 

こだわりの家づくり

成匠の家は長期優良住宅仕様

さらにいい家。ずっといい家づくりを実現。

成匠の家は長期優良住宅仕様



真の長期優良住宅について話合いを重ねました。
成匠では『長期優良住宅仕様』の家を標準としています。
この長期優良住宅とは
「いいものを造って、きちんと手入れして、長く大切に使う」ことの重要性から、住宅を長期にわたり使用することによって、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的とした『長期優良住宅の普及の促進に関する法律』が平成21年6月4日に施行されました。長期優良住宅とは国の基準を満たす仕様となっている住宅のことをいいます。

㈱成匠では『長期優良住宅の普及の促進に関する法律』の施行時に県下でもいち早くこの長期優良住宅仕様の家づくりに取り組んでまいりました。おかげさまで現在では成匠の基本仕様をこの長期優良住宅仕様にすることでお客様へ安心、安全の住まいをご提供させていただいております。
また、真の意味での長期優良住宅について家づくりに対しての見直しを図り、成匠の家づくりに携わる施工業者と話し合いを重ねました。施工業者の方々からそれぞれの分野で専門的な意見や長持ちする住まいについての工夫やアドバイスをいただき、今後の家づくりの礎となる指針や方向性を固めながらさらに良い家づくりに対しての飽くなき探求心を持ち快適な家づくりに一丸となって取り組んでいます。

長期優良住宅のメリット


長期優良住宅仕様の家づくりを行うことでさまざまなメリットがあります。
◎劣化対策、耐震性、省エネルギー性などの住宅性能が高い家を取得できます。
◎住宅ローン減税、固定資産税などの税制優遇を受けることが出来ます。
◎フラット35S の金利優遇措置を受けることが出来ます。

長期優良住宅の基準
 

優良県産材の積極活用を行っています。

木造の住宅の良さを伝えています。

高い品質の山口県産材



山口県で育った木材を使用しています。
山口県では戦後から積極的に人工造林が行われ、かつて植林したスギやヒノキが現在大きく生長し、多くの人工林が県産木材として利用できる時期を迎えつつあります。また、山口県産の木材は、一般的に品質が良いと言われています。文治年間(1185~1190)、俊乗房重源上人が東大寺再建の用材を、徳地町の山林から切り出したことは、今に伝わる有名な話です。

平成24年度山口市優良県産木材使用NO.1



木材加工工場で優良県産材のラベルの確認を行っています。
成匠ではこの高品質な山口県の優良県産材を積極的に活用しています。実績として平成24年度の山口市内での優良県産木材使用 NO.1の建築会社となりました。地域に根付いた会社として地産地消の家づくりをモットーにしており、さらには優良県産木材のPRも兼ね定期的に「成匠ちびっこ上棟式」というイベントを開催しています。このイベントは地域の子どもさんに参加していただき大工さんと一緒に木造のミニチュアハウスの棟上げ作業を行うというものです。大変人気のイベントでこれまでに多くの方にご参加いただいております。
成匠ちびっこ上棟式でも県産材を使用しています。




● 優良県産木材利用住宅への助成金について
山口県では、県が認証した優良県産木材を利用して建てられた住宅への助成制度があります。優良県産木材として認証された木材を利用して住宅を新築される方へ助成金がおります。対象となる新築住宅は次の条件を充たすことが必要です。助成額は50万円です。

●山口市産木材を利用した住宅の助成金について
住宅を新築・建替え・増築する際に、床面積1平方メートル当たり0.1立方メートル以上の市内産木材を使った場合、市内産木材使用量1立方メートル当たり4万円、最高50万円をお支払いします。ただし以下の要件にすべて該当するものに限ります。
 

みんなで楽しむ家づくり♪

成匠ではお客様との家づくりを大事にしています。


土間にみんなの手形を。。

壁の漆喰塗りをみんなで。。。
“家づくり”それは一生のうちに何度も経験できるものではありません。だからこそ貴重な経験として深く刻み込んでいただきたい。


そんな想いから成匠ではご家族の想い出として家づくりに参加していただくこともしばしばです。


壁を塗ったり。。。玄関に手形をつけたり。。。お家づくりに参加することでこれから末永く家族の幸せを紡いでいく『家』に対して更なる愛着を持っていただける一つの体験だと考えています。


お家に刻まれたお子様の手形を見ながら成長していく「家」と「ご家族」。。。
そんなステキな家づくりも成匠だから出来る!

“できるから始まる家づくり”が私達のモットーです。
 

親子で壁塗りに挑戦!

世界でたったひとつの玄関。。。

こだわりの自由設計

成匠はお客様のこだわりを具体的にカタチにしてゆきます。

“家を買う”のではなく“我が家をつくる”ことの始まりです。
【完成イメージパース】


私達のモットーはプランを押し付けるのではなく、1軒1軒お客様それぞれの想い(こだわり)を実現することです。


お客様の要望をただ叶えるだけでなく、お客様の隠れた思いを感じ取り、私達の提案も盛り込みながら設計を納得頂くまでやり直し、煮詰めてゆきます。






【設計図面】

【ライティングプラン】
仕様に合わせて平面・立面の計画がまとまってきたところで、見積をして「ご契約」となります。






数多くの図面だけでなく、場合によっては模型を作成したり、CGなども利用して家の完成形のイメージをお客様と成匠が共有することを一番大切にしています。



建物の仕様決定(屋根材・外壁材・設備機器など)は、必ずプレゼンテーションを見たり、サンプルを見て触っていただきます。また、メーカーショールームにて打ち合わせや検討をしてお客様にご納得いただいた上で決定してゆきます。
 

高耐力のベタ基礎工法

地面からは常に水蒸気が発生しています。防湿対策をしっかり施し、床材等の腐食や木材の耐久力の低下を防ぎます。当社標準仕様では、厚さ150mmの底版を基礎とし一体化させコンクリートを打設します。また、コーナー部に隅切を施し丈夫さをましています。
基礎と地盤の間には防湿フィルムを敷きこみます。
①底版配筋前の防湿フィルムの状況です。つなぎ目は所定の長さに重ね張りされています。これで地面からの水蒸気の上がりを防止します。

第三者機関による厳密な検査を受けています。
②配筋が完了すると第三者機関の検査をうけます。この検査に合格しないとコンクリートを打設することができません。基礎内の人通口付近を検査しています。完成すると床下点検の際に人が通ります。また自然の風の通り道にもなります。

コンクリート打設を行なっています。
③配筋そして検査が無事終了し、コンクリートを打設しているところです。複数の職人さんの手により順序よく丁寧に隙間なくコンクリートを打設していきます。

コーナーの隅切り部分。
④コンクリートを打設してから所定の日数が経過した後型枠を取り外します。コーナー部分の隅切りが頑丈さを物語っています。
 

高耐久なヒノキと根太レス工法

当社標準仕様では、土台と柱に高い耐久性をほこるヒノキ材を採用しています。また、1~2階とも根太レス工法とし、なおかつ外壁を面材耐力壁で構成するなど耐震性と耐久性に配慮しています。それ以外にも山口優良県産材を積極的に使用し、山口の森を守ることにも参画しています。
土台と柱にはヒノキを使用。
①土台と柱のヒノキはシロアリを寄せ付けにくく、腐食しにくい。硬くて丈夫。耐久性に優れている。などの性質をもったいわば木材の王様です。構造部材の全てに県産材の認証が貼られています。1本1本に番号が付されているのです。

木材加工工場で優良県産材のラベルの確認を行なっています。
②県産材の現場受入前の検査の模様です。木材加工工場で優良県産材の確認を行なっています。

根太レス工法を採用。
③各階の床組みに根太レス工法を採用しています。床面も耐力性を確保することで、地震に強く耐久性のある住宅となるのです。

躯体工事の様子。
④棟の下には牛木を通しています。牛木とは棟の下に位置する天井裏の中心的な材料です。より躯体を強固で頑丈なものにするため牛木を通します。
 

確かな機能性を備えた部材を採用。


断熱材には「アクアフォーム」を使用。
①断熱材にはアクアフォームを使用。アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹き付け発泡による断熱材です。無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10Kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また、透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため壁体内の結露を抑制し建物の耐久性を高めます。
構造部材は金物にて、しっかりと補強されています。
②構造部材は金物にて、しっかりと補強されています。基礎と柱を固定するホールダウン金物、筋交いプレートなどを使用します。ちなみに長期優良住宅の認定基準である耐震性については「耐震等級2」(建築基準法の1.25倍)を確保することが義務付けられています。

断熱・遮熱の効果の高いペアガラスを採用。
③快適な温度で心地よいスペース作りのためにもっとも大切なことは、窓ガラスの断熱・遮熱の効果です。この断熱・遮熱の効果を高めるため二枚のガラスの間に「中空層」と呼ばれる空気層が設けられています。この「中空層」が、放射熱の移動を低減し、高い断熱効果をもたらします。
 

パナソニックビルダーズグループ加盟店です。

パナソニックビルダーズグループとは


私たちは「パナソニックビルダーズグループ」に加盟している工務店です。


パナソニックビルダーズグループの仕組みNO.1



パナソニックビルダーズグループのしくみ

パナソニックビルダーズグループではパナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を採用しています。テクノストラクチャーの家は厳しい審査基準をクリアした信頼のパナソニックビルダーズグループが請負いし、建設します。お施主様との契約及びアフターメンテナンスもパナソニックビルダーズグループが責任を持って請負う安心のしくみとなっています。


 

安心のテクノストラクチャー実績

 

 

 
お問い合わせ